業務用消臭除菌水

業務用消臭除菌水

業務用消臭除菌水

  • 矢印
    業務用消臭除菌水

    業務用消臭除菌水

    スプレーボトル<FW-CNS3>

  • 矢印
    業務用消臭除菌水生成器

    業務用消臭除菌水生成器

    Laipoc(ライポック)<FW-AN08>

Laipoc 設置方法と活用シーン(動画)

ABOUT AGEs

活用シーンのみご覧になりたい方は、5分30秒まで早送りしてください。

消臭除菌水生成器の特長

OVERVIEW

  • 高い消臭除菌効果を発揮します
  • 面倒な希釈作業は不要です
  • 強い刺激臭はありません

■高い消臭除菌効果を発揮します

次亜塩素酸を主成分とする中性域(注1)の消臭除菌水を生成します。有効塩素濃度が低濃度(約25mg/L)は通常の消臭除菌や流水すすぎに、標準(約50mg/L)はしつこい臭いや菌に対するつけ置きに、高濃度(約100mg/L)はスプレー消臭除菌に、3種の濃度から選べます。

高濃度(約100mg/L)
スプレーでの使用など、より高い消臭、除菌力が必要な時にお使いください。
標準(約50mg/L)
しつこい臭いや菌に対するつけ置き等にお使いください。
低濃度(約25mg/L)
通常の消臭除菌や流水すすぎ等に経済的にお使いいただけます。

注1 家庭用品品質表示法に従い、pH6~8を中性域としています。

評価機関による除菌効果試験結果
生菌数測定試験※ではカビ菌に対しても高い除菌効果(適切な濃度と時間で99.99%以上減少)を確認できました。

※実使用空間での試験ではありません。

有効塩素濃度 15秒後除菌率 300秒後除菌率
80ml/L前後 99.99%以上 99.99%以上
25ml/L前後 90% 99.99%以上

評価機関:日本食品分析センター

■面倒な希釈作業は不要です

操作は濃度を選択し、運転を押すだけ
希釈等の面倒な作業なしに、簡単に用途に合わせた濃度の消臭除菌水を大量に生成できます。
上下2か所から消臭除菌水を出すことができますので、使用場面に合わせた使い方ができます。
上下2か所から消臭除菌水を出すことができますので、使用場面に合わせた使い方ができます。

■強い刺激臭はありません

消臭除菌水は、塩素系漂白剤と比較して、使用中の刺激臭が少ないので(注2)、強い刺激臭に悩まされることはありません。

注2:汚れや臭いに反応して塩素臭が発生する場合があります。

消臭除菌水生成器の使用例

Use case of Generator

・3種類の濃度の消臭除菌水を生成することができます。
・お使いになる場面に合わせて使い分けが可能です。
  • 100mg/L
    具体的な利用シーンはこちら

    スプレーボトルに入れて、身近なところの消臭、除菌に​スプレーボトル<FW-CNS3>でも販売しております。

  • 50mg/L

    水の代わりに消臭除菌水を使って、お掃除に消臭、除菌効果をプラスして

  • 50mg/L

    タライに溜めた消臭除菌水につけ置きして、徹底した消臭、除菌に

  • 25mg/L

    消臭除菌水をホースで流して、広範囲の消臭、除菌に

スプレーボトルの利用シーン

Use case of Spray

臭いや菌が気になる場所にサッと吹きかけて、効果を実感してください

■保育園や幼稚園で

安心して遊べるおもちゃ

★安心して遊べるおもちゃ
小さな子どもは、汚れた手で触ったり、口に入れたり、おもちゃは、知らないうちにバイキンでいっぱいです。
シュシュッと噴霧して簡単に除菌しましょう。

★いつも清潔なトイレ
便器、壁、床など、子どもの使用後に汚れた場所にもシュシュッと噴霧して簡単に清潔にしましょう。
おむつ交換マットの除菌も忘れずにね。

★安心して食事ができる
おいしく、安心して食事ができるよう、食事の前後に、スプレーで濡らしたふきんでテーブルをサッとひと拭き。
ふきんに潜む雑菌の繁殖も抑制できて、いつでも清潔です。

■介護施設で

いつも清潔なトイレ

★排便/排尿処理に
最大の重労働である排便/排尿処理。
排出された便や尿にスプレーして臭いを抑えたうえで、オムツを丸めて捨てましょう。
その後、周囲にもシュシュッと噴霧すると、残った嫌な臭いともサヨナラできます。

★感染予防に
細菌が繁殖しやすい季節には、手すりやドアノブをはじめとした生活用具の除菌が必要です。
利用者が触れる場所の除菌は、スプレーで濡らしたぞうきんでサッとひと拭きするだけで完了です。

★嘔吐後の床の掃除に
嘔吐や唾液など、汚物が飛散することが多い床も、スプレーで拡散を留めてから、ぞうきんで拭き取りましょう。
掃除の途中で、菌が飛散することを抑えられます。あわせて、近くの椅子やテーブルを拭くことも忘れずに。

■ペットショップで

安心して食事ができる

★ペットケージの除菌に
ペットたちも、いつでも臭いの無い清潔な状態でお客様をお迎えしたいはずです。
そのためには、まず除菌です。
ケージにスプレーして拭き取る、この簡単なお掃除を定期的におこなうことで、臭いのもとになる菌の除菌ができます。

★トリミングルームも清潔に
トリミングの仕事も大切ですが、部屋や器具類を清潔にすることも大事です。
使用後は、スプレーで濡らしたふきんでサッとひと拭きして、機器もベッドもいつも清潔にしておきましょう。

消臭除菌水の効果

Effect

■消臭効果

臭いのもとになる”菌”を抑制するので、その場の臭いを消すだけでなく、臭いの再発防止にも効果があります。トイレの臭いを想定したアンモニア臭の実験では、強烈に臭ったアンモニア臭が、弱く臭う程度に低減。数字で言うと、80%も臭いが低減しました(注3)。

消臭除菌水スプレーによる消臭効果実験

消臭除菌水スプレーによる消臭効果実験

注3:社内実証実験でスプレー噴霧した場合

■除菌効果

臭いのもとになる“菌”の抑制に関して、洗濯/すすぎ前の雑巾(ぞうきん)を使って評価しました。
用意した雑巾(ぞうきん)は3種類。

#1. すすぎも何もしない雑巾(ぞうきん)
#2. 洗濯後、水道水ですすぎをおこなった雑巾(ぞうきん)
#3. 洗濯後、当社消臭除菌水ですすぎをおこなった雑巾(ぞうきん)

2日後の繁殖後の結果は、以下の表の通りで、消臭除菌水の効果は一目瞭然です。

#1.すすぎなしの雑巾 #2.水道水すすぎの雑巾(注5) #3.除菌水すすぎの雑巾(注6)
2日後 すすぎなしの雑巾 水道水すすぎの雑巾 除菌水すすぎの雑巾
結果 極めて多数の菌が存在(注4) 低減されるが、菌が残存 除菌による菌の低減を確認

注4:斑点一つ一つが菌の集合体
注5:家庭用洗濯機で洗濯後、すすぎ工程に水道水を使用
注6:上記条件で、 当社消臭除菌水(有効塩素濃度約45 mg/L)を使用

■除菌のメカニズム

一般の塩素系漂白剤の主成分は、次亜塩素酸ナトリウム (NaClO)であり、菌の形質膜を透過できません。
一方、当社の消臭・除菌水の主成分は次亜塩素酸(HClO) であり、菌の形質膜を透過し外部・内部から酸化作用を及ぼすため、高い除菌力を持っています。(大腸菌の場合、HClOは、ClO-(NaClO)に比べ80倍の除菌力があると言われています。)
実験の結果からも、各種細菌・ウイルスへの効果が認められました。
​(実使用条件での実証結果ではありません。)
除菌のメカニズム

■ウイルス・細菌への効果

以下の表からわかるように実験の結果からも、各種細菌・ウィルスへの効果が認められました。
(実使用条件での実証結果ではありません。)

ウイルスに対する効果

エンベロープ
の有無(注9)
試験ウイルス 濃度(注7) 結果(対数減少値)(注8)
15秒後 60秒後
有り Aウィルス 低濃度 ◎ >5.0 ◎ >5.0
無し Bウィルス 低濃度 ◎ 5.4 ◎ >6.5
標準 ◎ >6.5
アルコール製剤 ✕ 0.6 ✕ 1.5
Cウィルス 低濃度 ◎ >4.7
高濃度 ◎ >4.7 ◎ >4.7

評価機関:北里環境科学センター
試験方法:試験管内に消臭除菌水0.9mLとウイルス液0.1mLを作用させTCID50法で測定

細菌に対する効果

分類 試験菌 濃度(注7) 結果(対数減少値)(注8)
15秒後 5分後
一般細菌 D菌
E菌
F菌
G菌
低濃度を
更に水道水で希釈(注10)
◎ >5.0 ◎ >5.0
◎ >4.8 ◎ >4.8
◎ >4.6 ◎ >4.6
◎ >5.3 ◎ >5.3
真菌 Hカビ 低濃度を
更に水道水で希釈(注10)
✕ <0.1 ◎ 4.6
低濃度 ✕ 1.0 ◎ >4.6
高濃度 ◎ >4.6 ◎ >4.6
芽胞菌 I菌 低濃度 ✕ <0.1 ◎ >4.7
高濃度 ✕ 0.1 ◎ >4.7

評価機関:日本食品分析センター
評価方法:試験管内に消臭除菌水10mLと菌液0.1mLを作用させた後、生菌数を菌数測定用培地で測定

  • 当社生成器で選択可能な切換濃度。高濃度(100mg/L程度)、標準(50mg/L程度)、低濃度(25mg/L程度)から選択可能。
    ただし使用環境により生成濃度は変動します。実験時の実測値26mg/L(低濃度)、54mg/L(標準)、109mg/L(高濃度)
  • 対数減少値とは何桁減少したかを表す数字。ウイルスの場合は感染力を持つウイルス量、菌の場合は生きている菌数が何桁減少したかを表す。
    例えば10,000個が100個に減少した場合は2桁なので「2」。
    4桁以上(99.99%以上)減少で十分有効◎、2桁以上(99%以上)減少で効果有り○、2桁未満は無効×と判定。-は未実施
  • エンベロープとは、ウイルスが増殖して細胞から飛び出すときに細胞の成分をまとってできる膜。
    エンベロープのあるウイルスは、アルコールからダメージを受けやすいのに対し、エンベロープのないウイルスは、ダメージを受けにくい傾向にあります。
  • 実験時の実測値は9.5mg/L。低濃度(実測26mg/L)に水道水を追加。

​消臭除菌水の安全性

Safty

一般の塩素系漂白剤は、強アルカリ性のため取り扱いには注意が必要です。
一方、当社の消臭除菌水は中性域であり、保育園や幼稚園でも手軽に安心してお使いいただけます(注11)。
安全性 第三者評価の結果
試験項目 結果
皮膚一次刺激性 刺激反応なし(無刺激性)
眼刺激性 刺激反応なし(無刺激物)
急性経口毒性 異常なし(LD50>2000mg/kg)
皮膚感作性 感作性なし
急性吸入毒性 異常なし(LC50>5000mg/m3)

評価機関:日本食品分析センター/住化分析センター (2015)

  • 本製品で生成した消臭除菌水は飲料水ではありません。
    スプレーボトルを使用するときは、人に向けて噴霧しないで下さい。
    皮膚の異常、身体の不調を感じたときは、医師の診察を受けて下さい。
    目に入ったときは、すぐに水で洗い流して医師の診察を受けて下さい。

仕様

SPEC

業務用消臭除菌水生成器

名称 「Laipoc®」業務用消臭除菌水生成器
型名 FW-AN08
外形寸法 幅120 x 奥行350 x 高さ483 (mm) ※吐水用パイプ、突起部は除く
質量 本体約5.5 kg
電源 AC 100V 50/60Hz
消費電力 約 110W(ACアダプター含む)
使用環境 温度5℃~35℃、湿度10~85%(屋内、結露無きこと)
(給水仕様)
使用原水 水道水
使用水温 5℃〜35℃(凍結無きこと)
必要流量 10L/分以上
(生成能力)
濃度選択 参考値(原水水質、環境温度等に依存します)(注12)
高濃度 流量:約2L/分 濃度:約100mg/L(標準濃度約80〜140mg/L) pH:約7(標準範囲pH約6〜8)
標準 流量:約4L/分 濃度:約50mg/L(標準濃度約40〜70mg/L) pH:約7(標準範囲pH約6〜8)
低濃度 流量:約8L/分 濃度:約25mg/L(標準濃度約20〜35mg/L) pH:約7(標準範囲pH約6〜8)

注12:参考値は、当社規定の試験結果です。 水道水の水質により変動します。

業務用消臭除菌水原液

名称 業務用消臭除菌水生成用原液

外観

業務用消臭除菌水生成用原液 外観
型名 FW-BN20
内容量 20L
外形寸法 幅300×奥行300×高さ300(mm)
内容量 約22kg

業務用消臭除菌水スプレーボトル

名称 業務用消臭除菌水スプレーボトル
型名 FW-CNS3
成分 電解水(超純水、次亜塩素酸)
内容量 300mL
使用方法 除菌したい場所、臭いの気になる場所に直接噴霧
使用上の注意 噴霧した水滴を長時間付着したまま放置すると、色柄物、金属、樹脂、ゴム等がまれに変色や劣化することがあります。
保管場所 直射日光・高温の場所を避け、冷暗所にて保管
有効期限 未開封時 製造日より8か月(保管環境により異なります)
※開封後は1か月を目安に使い切ってください
※製造時、有効塩素濃度100mg/L (時間経過で低下します)

■安全データシート

安全データシートが必要な方は、こちらからダウンロードをお願いします。

​商品のご理解のために

商品についてのご注意

●当製品は日本国内仕様です。海外では使用できません。
●業務用消臭除菌水生成器(FW-AN08)につきましては、お使いいただく前に取扱説明書(「ユーザーズマニュアル」)をよくお読みのうえ、正しくお使いください。
●製品改良のため、仕様および外観の一部を予告なく変更することがあります。
 また、商品の色調は印刷のため実物とは異なる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
●当社はこのFW-AN08の補修用性能部品を製品の製造打切り後5年間保有しています。
 補修用性能部品とはその製品の機能を維持するために必要な部品です。
●業務用消臭除菌水スプレーボトル(FW-CNS3)につきましては、屋内の直射日光があたらない場所で保管してください。
●「Laipoc」は、エア・ウォーター・バイオデザイン株式会社の商標です。

© AIR WATER BIODESIGN INC.